ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの想い出 

 

    1986年春、各地の音楽大学のホールを会場にして、日本で初めてのビクトリア・デ・ロス・アンへレスの公開講座が開かれた。当時活躍中の声楽家から現役の音大生まで、年齢もキャリアも異なる受講生が有名なオペラ・アリアや歌曲を歌い、彼女の指導を受けた。私もオーディションを受けて参加した。受講曲はE.グラナドスの「悲しみにくれるマハⅡ」である。日本では、スペイン歌曲はほとんど知られていない。「何、この曲?」と会場全体がいぶかしく思っているのが分かり、愉快だった。 

 

 最初の会場で待っていたのは英語の通訳だった。しかも音楽が専門の人ではない。ロス・アンへレスはもちろん英語も堪能だったのでレッスンは英語で行われた。しかし音楽用語が通訳に通じず、レッスンは何度も中断した。二番目の会場に現われたのはイタリア語の通訳だった。レッスンが始まったが、黒ぶちメガネの通訳氏は極度に緊張している様子で、話がさっぱり通じない。ついにロス・アンへレスがイタリア語と英語を駆使し、さらに身振り手振りを加えて彼に解説をしなければならない事態になった。

 

 休憩時間に入ると、歌い終わって控え室にいた私が突然呼び出された。「メグミがいるのに何故スペイン語で通訳させないの?メグミを呼んで」とロス・アンへレスが言っているという。驚く私に、彼女のマネージャーは「出番だよ!」とウィンして見せた。レッスン後半から、私は壇上で彼女の隣に座って通訳をするハメになった。いや、ハメではない。信じられない幸運が舞い降りたのである。

 

 その後、日本各地で行われた公開講座に私は通訳として随行した。ビクトリア・

デ・ロス・アンへレスといえば20世紀の名ソプラノ、私にとってはLPレコードで

膝を正して聴く大歌手、そしてスペインの歌に出会ってからは太陽のような存在

だった。その人の言葉を訳せた幸せに、なんと感謝すればよいのだろう。

 

 飾らない素朴なお人柄とお見受けした。私のような立場の者にも気さくに接し

てくれた。しかし大きな黒い目の笑顔の奥には、凛としたゆるがぬ気品と風格が

漂い、私は、どこか異次元のオーラを感じて彼女を仰ぎ見ていた。

 

 ある夏、アルベニス生誕の町カタルーニャ地方カンプロドンで、ロス・アン

レスと師ガルシア・モランテの演奏会が開かれた。開演は夜10時。夜空には月が

煌々と輝いていた。鄙びた町の会場で、念なリハーサルを繰り返す二人。美し

く穏やかな時間だった。誰もいない暗い客席で、私は二人の邪魔にならぬよう息

をひそめ、目の前に繰り広げられている夢のような光景を、決して忘れまいと深

く心に刻んだ。

                                                                                  

inicio

Sala ⇒

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now