27Recital  スペイン浪漫Ⅳ

Mi España Romántica IV

Design:Vamos Inc.

Soprano 谷めぐみ   Piano 浦壁信二

2019年5月19日(日)14時開演

会場:Hakuju Hall(代々木八幡)

後援:スペイン大使館  インスティトゥト・セルバンテス東京  日西翻訳通訳研究塾 

 

主催・企画:谷めぐみ

スペイン歌曲の真髄を告げる歌い手

 スペインは普段、「ヨーロッパで最もヨーロッパらしくない国」だと思われ、その音楽も「ローカルかつエキゾチックな魅力が売り物」と思われてきたふしがある。だが、実のところ、これは、19世紀頃から続いてきた「西欧中心の思潮」に片寄った見方に過ぎない。古代、中世以来イベリアの地に積み重ねられた諸民族の血と文化の産物であるスペインの芸術は、実は東方と西方、2つの要素を練り混ぜたところに育まれた、ローカルどころか、真にユニヴァーサルなものである。そこに在るのは、たんなる感性の戯れではない。東西の知恵と感性を織りまぜた、人間の心に住む奥深いものまでが、そこには表現される。そのような意味合いから、ここ、東洋の日本に、谷めぐみのような優れたスペイン芸術のエキスパートが居り、私たちの心の琴線を揺るがせてくれることは、大きな意義がある、と言わねばならない。歌われるのが熱い祈りの歌であれ、粋な愛と情熱の歌であれ、この人の歌声にはある故知れぬ郷愁と人間の心の真実がこもり、真の感動へと導く。大切な歌い手を聴く機会がまたここに訪れたことを嬉しく思う

                                            濱田 滋郎(音楽評論家・スペイン文化研究家)

【ぴあクラシック】2019年春号より

心の光と静かな祈りを歌に乗せて

 スペイン語は独自の余情を醸し出す言葉。英語は飛び撥ね仏語は弾けるが、西語の音は彗星の尾のように淡い光を際立たせる。だから、爽やかながら感傷性も有し、メロディがつけば「儚い恋の記憶」をさらっと蘇らせるのだ。そのスペイン歌曲の分野で長年活躍するソプラノ谷めぐみは、涼やかな声音で旋律美をしっとりと歌い上げる第一人者。来る5月のリサイタルは「スペイン浪漫Ⅳと題して、聖母への祈りの歌から蠱惑的な〈エル・アレグリート〉(〈ハバネラ〉の原曲)まで披露する。朗らかさと愁いが入り混じる極上の響きをお楽しみに。

                                      文=岸 純信(オペラ研究家)

Programa

祈り

ホアキン・トゥリーナ/Joaquín Turina

アヴェ・マリア/Ave María

マヌエル・デ・ファリャ/Manuel de Falla

わが子を腕に抱く母たちの祈り/Oración de las madres que tienen a sus hijos en brazos

ウィリアム・ゴメス/William Gomez

アヴェ・マリア/Ave María

マヌエル・ガルシア・モランテ/Manuel García Morante

鳥の歌/El cant dels ocells

 

ハバネラの時代~S.イラディエール生誕210年に寄せて

フェルミン・マリア・アルバレス/Fermín María Álvarez 

黒い瞳/Los ojos negros

嫉妬/El celoso

セバスティアン・イラディエール/Sebastián Iradier 

エル・アレグリート/El arreglito

ラ・パロマ/La paloma

大輪の華I. アルベニス没後110年に寄せて

イサーク・アルベニス/Isaac Albéniz

グラナダ/Granada

ホアキン・ニン/Joaquín nin

パーニョ・ムルシアーノ/Paño murciano

エンリケ・グラナドス/Enrique Granados 

ちいさな歌/Cançoneta

フェルナンド・J・オブラドルス/Fernando J.Obradors 

あの山の帽子/Aquel sombrero de monte

エル・ビート/El vito

わが心のアランフェスJ. ロドリーゴ没後20年に寄せて

ホアキン・ロドリーゴ/Joaquín Rodrigo

わが心のアランフェス/Aranjuez mi amor

ソネット/Soneto

カッコウの歌/Canción del cucú

ドゥエロ川の歌/Canción del Duero

 

¡Bienvenidos!

 ようこそお越しくださいました。

 本日のプログラム第1ステージは、新しい元号のもと、平和と安寧への願いを込め、祈りの歌を演奏させていただきます。

 第2ステージは時代一転、19世紀半ばのスペインへ。“異国スペイン”の音楽として当時人気を集めた〈ハバネラ〉をご堪能ください。第3ステージは19世紀末から20世紀へ移り行く頃へ。“母国スペインの芸術音楽”を追求したアルベニスと彼の後輩達が丹精込めて咲かせた歌の花々をお届けします。第4ステージは20世紀へ。この時代を代表する作曲家ロドリーゴのバラエティ豊かな作品をお楽しみください。イラディエール生誕210年、アルベニス没後110年、ロドリーゴ没後20年、トゥリーナ没後70年、ゴメス生誕80年、ニン生誕140年、没後70年など、本日登場する音楽家の多くが今年、記念の年を迎えています。各々に魅力を秘めた彼らとその周辺の作品を通して、歴史の移り変わりとともに変わった、変わらなかった、そして変わろうとした、スペイン歌曲の姿を垣間見ていただければ幸いです。

 昭和に歌い始め、平成、令和と時が流れました。皆様の長年のご支援に衷心より感謝申し上げます。

 

                       2019年5月19日   

                                      谷 めぐみ

ご来聴ありがとうございました♪

またお目にかかる機会を楽しみに!

Recitales

Sala  ⇒

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now